JAMESFARM


遅れましたが先日ジョシュアレッドマンらを聴きに行きました。個人的にはドラムのエリックハーランドにやられました、人力によるブロークンなフレーズが8ビートの上で歌い踊り跳ねておりました。
ジョシュア曰くコルトレーンのサウンドを再構築的な感じらしいですが、ソロがなかなか難しそうでした。勝手な考えですが、最終的に生きざま見とけ的な流れになりがちなモードでのソロをどんだけかっこよく吹けるかは、さすがのジョシュアも一筋縄ではいかないようでした。にしても十分かっこ良かったです。

しかしとくにドラムのビートにやられたライブでした。アーロンとマットもうまくて参りました。マットペンマンはイケメンでした、イケペンマンでした。あれはモテるぜ。


コルトレーンの至上の愛を聴いたときも一番かっこ良く感じたのはエルヴィンジョーンズのビシビシ響くライドの音だった気がします。

やっぱりジャズ好きです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

モンシー

Author:モンシー
鍵盤弾きの史門です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
myspace
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる