秘湯探し 完結

はてさて足湯に無念を浮かべた翌日、目覚めれば見事に晴れ渡った空。朝飯も美味、二日酔いもなし。

あの飲み心地の純米吟醸1500円とは、地酒ってすばらしい!

などと浮かれた事をぬかしながら飯を食い、しばらくして膳も布団もさげられ。さあ出てって下さいなってことですね、これは。僕らあほにもさすがに分かる。

しかし僕らには大いなる目的があるのでうろたえません、颯爽とお宿をチェックアウト。いざ混浴、いや秘湯めざしてテイクオフするのでありました。

とゆうか、昨夜我々は全く見当違いの道を歩いていたらしく、地図を見て進むとあれ、見つかった!


宵越しの夢に見た森の中の秘湯露天、行ってみると先客が。

じじ様二人。。



しかし!じじ様が去った後、ついに来たのであった。

スズメ蜂。。


なぜ風呂に蝿たたきがあったのか、全裸で逃げ惑ったあげくタオルで奴をしとめたあとに気がついたとさ。


テンツクテンテン

[広告] VPS



スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

完結おめでとうございます☆

ロマンがぎゅっと凝縮された旅だったようですね♪
混浴とか混浴とか混浴とか。ワラ

Re: 完結おめでとうございます☆

ロマンを求める気持ちは誰にも止められないのさ!
プロフィール

モンシー

Author:モンシー
鍵盤弾きの史門です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
myspace
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる